12月19日現在

0968社

3827種類の制度が検索可能

ブロンコビリーのアメリカ研修

投稿者:王侯貴族 - この制度の評価: Good×0

この制度は参考になりましたか?
コメントをする

概要

食産業が「花形産業」であるアメリカ。ステーキハウスの本場であるアメリカ。エンターテイメントの国であるアメリカ。そこは、日本の5年先、10年先の未来があると言われています。年に2回(春と秋)、社員、パート・アルバイトさんを含めた23人ずつで、アメリカ研修へ行っています。

メリット

「お客様の立場になってみる」「楽しさとはどんなものか」――アメリカで見たレストランが理想になる社員もいるようです。アメリカ研修は、社員の成長のヒントになっています。

デメリット

未記入

コスト
0~10万円程度
必要期間
1ヶ月程度かかる

導入企業

コメントをする 修正する

コメント

コメントはまだありません

コメントを書く

名前
本文