07月18日現在

0968社

3827種類の制度が検索可能

パテントマスター制度

投稿者:ふくろう - この制度の評価: Good×0

この制度は参考になりましたか?
コメントをする

概要

特許出願・取得に積極的に取り組むリコーでは、新しい技術、ビジネスを生み出す社員を応援する「パテントマスター制度」という新インセンティブ制度を運営する。リコーが定める基準を満たした国内外での特許登録の累積件数により、「パテント精励賞」「ジュニアパテントマスター」「パテントマスター」の称号を授与するというもので、年に一度、発明審査委員会で審査が行われ、社内に記録が公開されるほか、表彰金が贈呈される。

メリット

  • 優秀な人材の確保

  • 企業ブランディング

デメリット

未記入

コスト
未設定
必要期間
未設定

導入企業

コメントをする 修正する

コメント

191

投稿者: この制度のデメリット 2018-06-30 16:02:48

評価:参考になった Good ×1 - 参考にならなかった Bad ×0

公的な資格と勘違いされる可能性があるのでリコー以外で名乗る場合には詐欺に当たる恐れがある。
単なる特許出願件数によってパテントマスターになれるのであり「優秀な特許」を得たかどうかとは全く関係がない。

このコメントは参考になりましたか? Good はい - Bad いいえ

コメントを書く

名前
本文