11月20日現在

0968社

3827種類の制度が検索可能

日本冶金工業の国際化対応教育

投稿者:ブロディ - この制度の評価: Good×0

この制度は参考になりましたか?
コメントをする

概要

【英語】
初級者には、実務に近い場面を想定したレッスン(電話応対、商談、案内等)を中心に、中級者にはプレゼンテーションの強化(会社、工場、製品、部門の紹介)を行います。上級者や海外派遣前の者は、どんな状況でも適切なコミュニケーションのできる実践的な力の習得を目指します。TOEIC-IPを年1回行い、実力を測っています。

【中国語】
レベル別のプライベートレッスンを実施。

メリット

□社員のスキルアップ

□組織力の向上

デメリット

未記入

コスト
10~100万円程度
必要期間
1年程度かかる

導入企業

コメントをする 修正する

コメント

コメントはまだありません

コメントを書く

名前
本文