12月15日現在

0968社

3827種類の制度が検索可能

グローリーのグローリー・ビジネス・カレッジ

投稿者:蛙インフルエンザ - この制度の評価: Good×0

この制度は参考になりましたか?
コメントをする

概要

受講生は自ら受講を希望した若手のマネージャーの中から選抜し、1年間に渡り次の講座を受講・実践しますが、非常にハードな内容になっています。

(1)企画実践力開発研修
研修期間中に、中長期経営計画の重点課題、構造改革課題をテーマとして取り上げ、現状の1つ2つ上の立場、すなわち部長、事業部長の立場に立って、組織を巻き込んで課題を解決していきます。

(2)キャリアプラン企画
これまでの人生の振り返り、自己能力の棚卸し、自分の価値観・仕事観の見直し、会社での役割りなどを理解・整理し、自分の将来を見据えたキャリアビジョンを描きます。

(3)経営塾(トップとの懇談)
経営トップとの懇談を通じ、経営トップの思考を学びます。
経営者の体験談などを聞くことにより当社の歴史、文化、経営センス、人間性、人生観などを理解するとともに、メンバーから経営への提案の場にもなります。


など。

メリット

競合他社の幹部と競争できる実力と人格を持ち、企業革新できるビジネスリーダーを早期に育成することを目的にしています。

デメリット

未記入

コスト
10~100万円程度
必要期間
1年程度かかる

導入企業

コメントをする 修正する

コメント

コメントはまだありません

コメントを書く

名前
本文