08月19日現在

0968社

3827種類の制度が検索可能

ブリヂストンの部門別研修

投稿者:炭水化物 - この制度の評価: Good×0

この制度は参考になりましたか?
コメントをする

概要

期間は部門によって異なりますが、海外部門を例にとれば、配属後、半年以内に約1ヶ月間、海外部門に必要な基礎知識を身に付ける目的で16講座の研修があります。その他、英語研修や海外赴任前研修などの研修もあります。また、タイヤ設備開発部門を例にとれば、配属後に約10日間の部門集合研修がある他、電気・機械系の基礎知識の修得の為の研修が約10日間行われます。

その後は配属先にて、実際の業務経験を積み重ねながら専門性を深め、仕事の能力のスキルアップをしていくことになります。

メリット

各部門ごとに実務に直結した基礎知識を習得できる。

デメリット

未記入

コスト
必要期間
今すぐ始められる

導入企業

コメントをする 修正する

コメント

コメントはまだありません

コメントを書く

名前
本文